Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)が小塚崇彦選手を霊視鑑定!

2013年9月3日に放送された「ご利益!金運!縁結び!全国開運神社巡りの旅」(おしかけスピリチュアルの特別編)でスピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)が小塚崇彦選手を霊視鑑定!


また、同日の夜の「おしかけスピリチュアル」で放送された未公開スペシャルの部分もあわせて紹介します。


浅田真央選手から噂を聞いて相談事があるという小塚崇彦選手。

小塚崇彦選手の祖父、小塚光彦さんもフィギュアスケートでオリンピックをめざし、父、小塚嗣彦さんもフィギュアスケートの元日本代表。

小塚家は親子3代続くフィギュアスケート一家。

2011年世界選手権で銀メダルを獲得。

華麗な演技と甘いマスクで多くの観衆を魅了します。


以前のオーラ鑑定の様子はこちら↓
スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)がフィギュアの小塚崇彦選手を霊視鑑定!「おしかけスピリチュアル」



一方別室では佐藤有香コーチが見守っています。

小塚選手とは家族同様、20年来のお付き合い。

佐藤コーチにこっそり見ていてもらいちえのいうことが当たっているかチェックしてもらいます。


【スピリチュアルタイム】


~まずは小塚選手の背後のオーラを感じ取り、性格や人となりを見通します~

CHIE「ものすごく情熱を持っていて負けず嫌いで闘争心が強い部分もある。」

佐藤コーチ「負けるのが嫌いなんですよ。」

CHIE「でも、情熱の反対の冷静さ。ものすごく考える部分もあるし、いろいろ頭の中ではある人だなって。」

坂下千里子「ものすごく冷静に考える部分もあります?」

小塚崇彦「すごい考え過ぎて、先生に『考えていないで早く行動しろ。』とよく言われる。」

坂下千里子「へえ~。」
佐藤コーチ「すっごく頭のいい人なので、まず計算から入る。」


CHIE「集中すると目先のことでいっぱいになっちゃったりだとか、頭の中で常に考える人だから、服とか出したままそのまんまにしちゃったりだとか。」

小塚崇彦「失くしたものが多すぎて失くしたものを忘れてる。」

坂下千里子「失くし物けっこうするんだ。」


~失くしものが多いという小塚選手。
続いてちえはその原因を小塚選手の自宅を見通すことでさぐるという~


CHIE「玄関でこう入るじゃないですか。こっちの部屋で(右側をさす)寝たりします?」

小塚崇彦「そうそう。入ってすぐ右側を自分の部屋にしてて。」

CHIE「こっち側(左)の方が大切なものが入っていると思います。」

小塚崇彦「ほう。」

坂下千里子「当たってる?」

小塚崇彦「合ってます。そこを探したらしたら何か出てくる。」

CHIE「うん。」



小塚崇彦「自分の前世」

CHIE「気になります?」

~小塚が知りたかった前世。
そこには未来につながる事実が隠されていた~

CHIE「ヨーロッパじゃなくて、ロシアみたいな人ですね。
ロシア系の青年が見えてくる。」


小塚崇彦「へえ~。うちのおじいちゃんがずっと毎年ロシアに行ってて10年ぐらい。
僕も何回か行っているんですけど。」

坂下千里子「じゃあ、ロシアに縁がある感じ?」
CHIE「行くとすごく懐かしい気分になったり守られている土地っていうか、なんかあるかもしれないですね。」

小塚崇彦「みんなあまり好きじゃないっていうんですけど、僕はけっこうロシア好きですね。
毎回試合いく度にすごい良い経験ができる。世界選手権で2番とれたのはロシア、モスクワ。」

CHIE「縁がある土地なんですよね。」


~前世がロシア人だと聞いて心なしか小塚選手の表情が明るくなった~


CHIE「だから旅行とかちょっと行くといいかもしれない。」

小塚崇彦「ロシアか。(次の)オリンピック、ロシア」

坂下千里子「ソチ。」

CHIE「あぁ、そうだ!」

坂下千里子「すごい。ちょっとソチ期待しちゃいますよ。いいですか?

小塚崇彦「はい。」


~いよいよ本題へ。
小塚選手がどうしてもちえに相談したかったこととは?~


おじいちゃんの事がずっと気にかけていたおじいちゃんが好きだった小塚選手。


小塚崇彦「おじいちゃんが昔満州に行っていたんですけど、その時戦争が終わって引き揚げなきゃいけないっていって、満州に埋めてきたものがあって。」

坂下千里子「金、銀、財宝?」

小塚崇彦「いや、それがなんだったのかわかります?」


~戦時中、満州で働いていたおじいさん。終戦を迎え日本へ引き上げる際、どうしても持ち帰ることができず、現地に埋めてきたものがあったのだといいます。
それが何だったのか語ることなくおじいさんはなくなってしまったのです。
今でもそれが気がかりだという小塚選手~


おじいさんが埋めた場所と思われる手がかりの写真をちえに見せます。


CHIE「写真と手紙とカメラです。」

小塚崇彦「満州国でカメラマンをしていた。」

坂下千里子「おじいちゃまが?」

小塚崇彦「そうそう。」

~おじいさんが埋めたものは写真と手紙とカメラだとちえはいいます~


小塚崇彦「よかった。」

佐藤コーチ「やっぱりおじいちゃんのことすごく気になっているんだね。」


~カメラマンとして満州を渡ったおじいさん。
その地でフィギュアスケートと出会い満州チャンピョンまで登りつめるもののオリンピック出場の夢は果たせませんでした~

CHIE「自分でもなんとなくわかっていると思うんですけどおじいちゃんを思う気持ちがすごい強い。」

~ちえには小塚選手の後ろに小塚選手を見守る亡きおじいさんの姿が見えるのだといいます~

CHIE「銀メダルを取った時も報告に来たことが一番うれしかったみたい。」
小塚崇彦「そこまで見えるんですね。」

坂下千里子「行ったんですか?」

小塚崇彦「行きました。」

~幼いころからおじいさんからスケートを教えてもらっていた小塚選手。
そして2011年初めて手にした銀メダル。
しかし、そのときすでにおじいさんは入院中で意識はありませんでした。
病院でメダル獲得を報告したものの喜んでくれたのかわからないまま天国へ行ってしまったといいます~

CHIE「あまりしゃべれなかったけど、あの時に心の底から嬉しかったって。」
小塚崇彦「(嬉しそうな様子)」

CHIE「これからも一生懸命やっていく姿を見ているし、何があっても応援して見守ってくれると思います。」

小塚崇彦「(うなづく。)」



霊視鑑定を終えて

小塚崇彦「おじいちゃんあってのスケートだと思ってスケートをやっていたのでちえちゃんに『おじいちゃんが喜んでたよ』って言ってもらえたのはすごくうれしかったし、よかったなって思いました。」


小塚選手や世界のトップ選手の華麗な演技が見られる「木下グループカップ JAPAN OPEN 2013」は10月5日(土)よる6時30分放送とのことです。
スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)がフィギュアの小塚崇彦選手を霊視鑑定!「おしかけスピリチュアル」

2013年8月13日に放送された「おしかけスピリチュアル」でスピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)がフィギュアの小塚崇彦選手を霊視鑑定しました。 



今回のターゲットは、2011年世界選手権で銀メダルを獲得。

華麗な演技と甘いマスクで多くの観衆を魅了するフィギュア選手の小塚崇彦。


坂下千里子「ラブコールくれたんだよね。」
小塚崇彦「真央ちゃんに話を聞いて。それで興味を持って。」
CHIE「へ~。そうなんですか。」

せっかくなのでお近づきになりタイム。
坂下から小塚選手へプレゼントしたのは鹿島神宮の「鹿島の帯占い」。


坂下千里子「知ってました?」
小塚崇彦「初めて聞きました。」
CHIE「ちょっと変わったタイプのおみくじですよね。」


この「鹿島の帯占い」があるのは年間60万人以上の参拝客が訪れるという茨城県の鹿島神宮。

鹿島神宮のおみくじのご利益を神主さんにきいてみると

「『ここのおみくじを持っていると勝てるとオリンピック選手の中で流行していた』と聞いたことがあります。」


鹿島の帯占い
願い事がかなうか否かその場で占える。

鹿島神社3
【鹿島の帯占い】


まずはお願い事をして箱から出ている4本を2組に結ぶ。

そして、その2組の帯を箱から出した時その帯の形によって願いが叶うか分かるのだそうです。


鹿島神社4
【鹿島の帯占い】


鹿島神社5
【鹿島の帯占い】(2つの輪が別々の場合)


結果は3種類。

別々の2つの輪になった時⇒願いは簡単にはかなわない
重なった2つのワイなった時⇒願いが半ばかなう
大きな一つの輪になった時⇒願いが叶う



小塚崇彦はなんのお願いにしようか長く考えています。

小塚崇彦「だって叶わないって言われた時のショックが大きすぎる」

(笑い)

坂下千里子「わかる、わかる。」


坂下千里子「o.k?」

CHIE「o.kです。(小塚崇彦に向かって)ちなみに何をお願いしましたか?」

小塚崇彦「長い間スケートを健康でできるように」

坂下千里子「ちえちゃんは?」

CHIE「わたしは綾野剛さんとつきあえますように。」
坂下千里子「ぜんぜんPOPじゃないじゃん。重いよ。」

CHIE「重いけど、これ神頼みしかないんですよ。」

3人の願いはこちら

小塚崇彦「ずっとスケートを楽しめる人生」
坂下千里子「55歳まで芸能界で活躍」
CHIE「綾野剛と付き合いたい」


まずは坂下千里子が挑戦!
なんと大きな1つの輪に!

CHIE「わ~すごい!これ、なかなかでないそうですよ。」


つぎはちえ。
別々の2つの輪に…。
願いはかなわず

坂下千里子「この帯占い、当たるわ!」


次は小塚選手。

小塚崇彦「(緊張して)声が出ない、さっきから。」

結果次第ではフィギュアスケート界大ピンチ!?


「まずい気がする」といって帯をひっぱった小塚選手 見事成功!
大きな1つの輪に!

坂下千里子「よかった~。」


【スピリチュアルタイム】

坂下千里子「ちえちゃん、ダウンロードしてください。」

CHIE「小塚選手、自分の中では『赤』って、なにかもつようにしたりとか。」

小塚崇彦「赤がラッキーカラーって勝手に思っていたんで。
衣装の中に赤が入っていなかったら赤のボタンを裏につけてもらったりとか。」


坂下千里子「赤がラッキーカラーだったらそれこそ、勝負下着 赤でもよくない?」

CHIE「いいと思いますよ。
下着とかは意外と普通の色が好きなんだなって思って。」

坂下千里子「そうなの?そこまで見てるの?下着の色まで?」

小塚崇彦「怖いな。どこまで見られているのか。」


~そして不思議な素顔が明かされる~

CHIE「ちょっと複雑なんですよね、1色とか2色じゃなくてわたしが見えるだけでもオーラが3色あって。
不思議!いろんな感情がありますね。」


~3色の色をまとっているという小塚選手。実はそこに勝負強さの秘密があるとちえは言う~

CHIE「情熱もあるし、冷静に考える部分もあるし。色々頭の中ではある人だなって。」

坂下千里子「ものすごく冷静に考える部分もあります?」

小塚崇彦「すごい考え過ぎて、先生に『考えていないで早く行動しろ。』とよく言われる。」
坂下千里子「へえ~。」

CHIE「珍しいのでけっこうびっくりしました。なかなかいないんで。」

~冷静さと情熱、そして明るさ。なぜ小塚はいくつもオーラをあわせ持つことができたのか?~

CHIE「オーラって経験の色なんですよ。考えて生きてきました[青色]。よく努力しました[赤色]など、経験の色なんですけど、この若さで3色もつってすごい」

坂下千里子「いっぱい経験したんだね。」
小塚崇彦「ははは。」

~しかしオーラが3色あることでプライベートで支障をきたすことが~

CHIE「集中すると目先のことでいっぱいになっちゃったりだとか、頭の中で常に考える人だから、服とか出したままそのまんまにしちゃったりだとか。」

小塚崇彦「そこまで見れるんですね。失くしたものが多すぎて失くしたものを忘れてる。」

坂下千里子「失くし物けっこうするんだ。」
小塚崇彦「失くし物が大変多い。」

CHIE「玄関でこう入るじゃないですか。こっちの部屋で(右側をさす)寝たりします?」

小塚崇彦「そうそう。入ってすぐ右側を自分の部屋にしてて。」

CHIE「こっち側(左)の方が大切なものが入っていると思います。」
小塚崇彦「ほう。」

坂下千里子「当たってる?」
小塚崇彦「部屋の間取りは合ってます」


この続きは9月2日の2時間半スペシャルで…。

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。