Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友近のオーラ鑑定 その2:おしかけスピリチュアル

2014年7月1日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

その1からの続きです。

今は体よりも心の結びつきの方に安らぎを感じるという。

アラフォー友近のリアルな本音。

その心境に至ったわけは過去のオーラにあらわれているとちえはいう。

友近のオーラ1
【友近のオーラ】

岡田「吉原炎上!」

友近「情念の女。」

岡田「そういうライブもやってましたね。」

友近「やってました。」

CEIE「友近さん、内側が紫だからすごく珍しいんですよ。
紫色って生まれつき持っている人はいなくて経験の中で出てくる色なんです。
アダルトチルドレンみたいな。小っちゃい頃から精神年齢が高い。」

友近「そうやねん!
子供の頃も同級生とかと遊ばないんですよね。
近所のお姉さんとかお兄さん。
見るテレビもアニメとかじゃなくて土曜ワイド劇場とか。
同年代が知らない俳優さんとか女優さんとかの名前、ペラペラいえましたもん。」

子供の頃からどこか大人びた性格が芸風に。

しかし女として切実すぎる悩みが。

友近「モテるというのは自分ではわからないんですけど。
同年代とか年下にはあまり言われたことないんですが、50代より上のおじ様方にはすごく『いい!いい女だ!』と言っていただけます。」

成長しすぎてオジサマが一番しっくりくるという悲しい現実。

さらに。

CEIE「性の目覚めも早かったですか?」

友近「そう!背が低い女はエロいっていうのはそこになってくるんです。
だからセバスチャンも。ちえちゃんもそうやわ。」

CEIE「わたしも152cmしかない。」

岡田「持論がある?」

友近「性の目覚めのが早い方は脳がチョッと発達しているから成長が早いから、初潮を迎えるのも早いんですよ。」

岡田「何の話や。」

益若つばさ「そうですね。」

友近「でしょ。ある程度で身長が止まるわけです。
成長が早いから。」

岡田「だから身長の低い女性というのは。」

友近「エロいというか、ませている。」


もはや女としての成長はないという友近。

では友近はこのまま女の幸せをつかめず、不幸なままなのか?

ちえが核心に迫る。

CEIE「(笑いながら)訳わかんない。
おじさんの守護霊が見えてくる。
(幸せには)この人邪魔ですね。
おじさんがむちゃくちゃ胸毛があるんですよ。

絵に描きます。

CEIE「本格的なふんどしですよ。
荒波が後ろに見えてきて。クールポコのような風貌。」

(笑い)

友近のオーラ2


岡田「ガッツリふんどしで、後ろには荒波。
でもこの方は友近ちゃんとつながっている方ではないんですか?」

CEIE「絶対先祖ですよね。」

友近「でも、(先祖は)漁師町だったんですよ。
で、漁師さんもいっぱいいた、と。」

友近が思い出したのは愛媛県の漁師町で暮らしていた先祖。
さらにちえが。

CEIE「(笑いながら)見てたら守護霊がめっちゃ叫んできて、『男は根絶やしになる』みたいな。
なんかわけわかんない。
(岡田さんに)『根絶やし』ってどういうことですか?」

岡田「『根絶やし?』、わからん。」

益若つばさ「そんな言葉あるのかな。」

♪-------------------------♪
根絶やし
物事を根から全部取り去り絶やすという意味
♪-------------------------♪

不可解な守護霊のメッセージには本人も忘れていた驚愕の事実が隠されていた。

……

CEIE「名字が変わったか、男性が亡くなったのか。」

友近「名字が変わったんですよ。」

CEIE「男性がほとんどいなくなっちゃった感じがして。」

友近「そうそう、そんで女の人ばっかりになった。
たぶんあたしがもし結婚して彼が養子に入らない限り、友近家はなくなっちゃう。」

CEIE「じゃあ、嫁ぐんじゃなくて。」

友近「『養子入れろ』って?」

CEIE「婿入りさせろってことなんですよね。」

岡田「友近家がおわっちゃうぞ、と。根絶やし。」

なんと友近家を守るため先祖は今期を遅らせていた?


続いては益若つばさの鑑定へ。

スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

友近のオーラ鑑定 その1 :おしかけスピリチュアル

2014年7月1日に放送された「おしかけスピリチュアル」。


今回は不幸女子2人におしかけ。

1人目はカリスマモデル・益若つばさ

益若つばさ



岡田「恋愛とかはどうですか?」

益若つばさ「離婚しているなので、恋愛は自由。
息子も兄弟が欲しいといっているのでいつかは再婚したいと思っている。」

岡田「悩みが切実ですね。」



切実な悩みを抱えた益若つばさを引き連れもう1人の不幸女子の元へ。

2人目の不幸女子は友近

元彼との破局が世間を騒がせた。
現在、独身。40歳。



岡田「ちなみに、現在、彼氏とはどうなっているの?」

友近「いますが、まだ、結婚はしないですよね。
最近いろんな思うことがたくさんあって、プライベートも仕事も。
グチョグチョになっている。」

CEIE「ハハハ。見るのが怖い。」

果たして2人が幸せになれない原因とは?

岡田「幸せになれないと先ほど言いましたけど、現状はどうなんですか?」

益若つばさ「離婚を発表する前が離婚前が、発表できないから一番辛かった。
そこを乗り越えれば人ってすごいですね。」

(友近が首をまわしてポキポキさせています。)

岡田「しゃべっているのに、首をポキポキさせるのはやめて。」

友近「聞こえました?」

岡田「はい。」

友近「それと、つばさちゃんっていいにくいからセバスチャンにせえへん?」

(笑い)

不幸などみじんも感じさせない軽妙トークで盛り上がったとき、突然。

CEIE「体に気をつけるっていうので、こうやって見ていくと腸が気になるんですよね。」

友近「腸は悪い。」

CEIE「ちょっとだけ体は気をつけたほうがいい。」

……

CEIE「友近さんの彼氏が、まだ結婚にモードじゃないかもしれないですね。
ちょっとケツをたたかないと結婚に踏み切らないかもしれないですね。
今年はなくて来年とか再来年かな。」

友近「そう。今年はないと私も思っているんですよね。」

なんと、ちえが感じていたのは友近も薄々感じていた彼氏の結婚に消極的な姿勢。

果たしてちゃんと結婚できるのか。

CEIE「彼氏との相性は内悪くないと思います。
と思うんですけど、意外と夜の生活が淡白だなと思って。」

友近「え~。実はそうなんです。
30代を超えると女性って性欲が増してくるっていうけど、私は全く逆。すごく落ち着いてきている。」

CEIE「ははは。」

友近「昔のほうが性には目覚めてたと思いますよ。
今はね、精神的なつながりのほうがいいっていう感じ。」

その2へ続く。

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

出川哲朗とダチョウ倶楽部の上島竜兵のオーラ鑑定!その2

2014年6月17日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

出川哲朗とダチョウ倶楽部の上島竜兵。

どっちが早くテレビから消える?

その1からの続きです。



体は絶好調だという出川。

しかし気になるヤバいことが。


CEIE「こう見てて、奥様からの愛を感じられないんですね。」

出川哲朗「ちょっと待って。それはネタ的に?」

CEIE「ネタ的じゃなくて。リアルガチで。
ペットみたいな感じで。」

肥後克広・寺門ジモン 「ペット?」

出川哲朗「確かに俺、すごい鈴をつけられるのよ。」

(笑い)

出川哲朗「鍵とかに鈴つけられて、俺の部屋とかいろんなところに鈴がついてて、ドアノブとかに。

だから俺が自分の部屋に戻るとチリンチリンっていって俺がどこにいるか奥さんに全部わかるようになっている」

寺門ジモン 「完全ペットだね。」

出川哲朗「そのペット感覚はダメなのかな。」

CEIE「『ペット感覚でいったら愛されている』みたいな感じで。」


出川哲朗「よかった。よかった。
いいか?」

岡田「いいのか?」

家ではペット同然という出川。

やはり妻の愛は冷め切っているのか。

CEIE「(奥さんは)浮気していないと思いますね。」

上島竜兵 「うちの(奥さん)は浮気してませんか?」

CEIE「してないですね。」

出川哲朗「えっ、後輩芸人としてるんですよ。」

(笑い)

上島竜兵 「チェックメイト!」

岡田「見えたんですか?」

出川哲朗「俺ははっきり見えた。」

上島竜兵 「おまえ、やめろよ。スピリチュアルか。」

岡田「では上島さんと出川さんのオーラを比べて芸人としての寿命が長いのはどっち!?」


CEIE「出川さんで。」

上島竜兵 「そりゃ、だって死の影が出てるんでしょ。」

CEIE「そうなんですよ。」

寺門ジモン 「ちょっとまってくれよ。竜ちゃんはボケの中心人物だぞ。
お前がダメだと俺らもだめになるんだよ。」

このままだとダチョウ倶楽部の未来が心配されるので、ちえは肥後とジモンのオーラから3人の未来を見通すという。

するとリーダーのオーラは出川のオーラと同様、乗りに乗っているオーラだった。

肥後克広のオーラ
【肥後克広のオーラ】


岡田「ジモンさんのオーラはこちら。」

寺門ジモンのオーラ
【寺門ジモン】

寺門ジモン「俺、死んでいるんじゃないか!」

何とも不可思議なオーラにおおわれているというジモン。

上島竜兵 「銀色なんじゃないの?」

CEIE「そうです。銀です。
銀ていうのはめったに出ない色で、とどまっていることができないタイプ。」

出川哲朗「当たってる。」


おしかけスピリチュアル3


CEIE「わかりました。
この3人の中で上島さんが一番地に足がついている感じ。」

出川哲朗「おちゃらけキャラだけど、一番の常識人。」

CEIE「そう!普通の人なんです。」

岡田「あら。」

(笑い)

出川哲朗「最悪なコメントですね。」

CEIE「普通のお酒がすきなおじさん。」

(笑い)

岡田「ありがとうございました。
ということはダチョウ倶楽部は、相性はバランスが取れていい感じで。」

CEIE「はい。」

寺門ジモン「よかったな~。」

上島竜兵 「俺はうれしくないわ。」


【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。