Sponsored Link

歌舞伎界のプリンス尾上松也をオーラ鑑定!その5

2014年6月24日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

今回のターゲットは歌舞伎界の若きプリンス尾上松也


岡田「ちなみに歌舞伎役者はどういう方と結婚されるんですか?」

とかく芸能人と結婚するイメージが強い歌舞伎役者。

しかし巷でよく耳にするのは梨園の妻いじめ問題。
その真相は?

梨園のタブーに迫る。

尾上松也「いやあ、そんなことないと思いますけどね。
例えば中村勘九郎さんのところの前田愛さん。しっかり奧さまやってますし。
それに対してあれこれ言う人は誰もいないですね。

歌舞伎の世界の奥さんになったら普通の一般の家庭の奥さんとは違う仕事はしなきゃいけないですね。どうしても。
お客様の挨拶だとか。
将来自分の息子が歌舞伎役者になるならないは別として、もしなるんだったらということを踏まえて、お稽古事に連れて行かなきゃいけないし。
基本的には家庭だとかお客様とか先輩方の配慮っていうのは奥さんが取り仕切ることになってきますから。」

岡田「なるほど。
ちなみにお二人の好きな女性のタイプは?」

尾上松也「この人、肩幅広い人が好きですね。」

三宅右近「そんなことないだろう。」

岡田「ハハハ。」

尾上松也「紹介してくる女の人はみんな肩幅が広い。」

岡田「水泳選手。」

すると三宅が逆襲の大暴露!

親友だけが知る松也がおかした恋の過ちをテレビ初告白!

三宅右近「ちょっと汚点というか。」

岡田「松也の汚点ですか。?」

三宅右近「これ使えるかどうかわからないですよ。」

岡田「いいです。いいです。」

三宅右近「20そこそこくらいのあんまり金持っていない時の話なんですけど。」

尾上松也「ハハハ。
お前、それはテレビで使えないだろう!」

岡田「いきましょう。」

三宅右近「六本木に行きまして。どっかで飲もうということになって。
行ったことのないところにいってもようってなって。
外人さんがホールダンスしてくれるお店。」

尾上松也「僕は、英語もしゃべれるようになりたかったんですよ。
英会話もしたかった。」

三宅右近「そこで学ぼうとしたんです!」


CEIE「ははは。」

三宅右近「2日連続で行ったんですよ。
で、特に気に入っていた女の子が(尾上松也を)社長だと勘違いしたらしくて。
『私、時計買ってくるからお金ちょうだ~い。』っていいわれたって。」

尾上松也「『50万の時計買って50万ちょうだい。』って言われた。」

三宅右近「でも、そこでやめたんですよ。」

尾上松也「しかも、英会話を学びたかったのに僕の横についたのはエストニア人だった。」

(笑い)

尾上松也「全然英語しゃべれない。」


では松也の守護霊は松也の行動をどう思っているのか?

CEIE「すごい。守護霊はお父さん。
でもあんまり似ていらっしゃらない感じがしますね。顔的には。」

尾上松也「あまり似ていない。
どっちかっていうと僕は母親似なので…。」

CEIE「でも、『何も心配ない。』みたいな感じで。
話しかけてくるのは『いろんなものを吸収して、上の方から学んで、自分にできることをやってください。』みたいな感じで。」

尾上松也「お父さんが?」

CEIE「はい。」

尾上松也「うわぁ。グッときますね。これは。」

松也の守護霊。

それは9年前に他界した父。6代目 尾上松助だとちえは言う。

松也は一人前となった自分の姿を父に見せられなかったことが心残りなのだという。

CEIE「(守護霊のお父さんが)とてもにこやかでいらっしゃるので。
今、本当に何も心配はいらないじゃないですか。
任せきれたということで。」

尾上松也「じゃあ、その期待に応えるように頑張らないといけないですね。(ちょっと涙ぐむ)」

……

松也はちえにどうしても聞きたいことがあるという。


尾上松也「ちえちゃん、(三宅右近と)どっちがタイプですか?」

岡田「あら。」

尾上松也「正直な話。」

三宅右近「遠慮はいらないんで。」


CEIE「私は…
三宅さんで。」

尾上松也「Woo~ワォ!」

三宅がちえに握手を求め、握手をします。

三宅右近「見る目がある。」

尾上松也「俺、帰っていいですか。」

(笑い)

CEIE「松也さんはいいお友達になりそうな感じ。」

(笑い)

……

撮影が終わって、ちえの言葉に松也は。

尾上松也「感動しましたね。うちの父親が後ろについているっていうのは。
すごく自信というか安心につながりました。今は特に父親が得意とした役を演じることが増えているので芝居のことを教えてもらいたいというのがたくさんありますね。
期待を裏切らないようにしたいなと思いました。」

……

6月24日はサッカー ワールドカップのため放映時間が短くなっていますので、24日分はこれで終了です。
スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

歌舞伎界のプリンス尾上松也をオーラ鑑定!結婚は遠くない?その4

2014年6月24日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

今回のターゲットは歌舞伎界の若きプリンス尾上松也


岡田「共学ですか。どうですか。」

三宅右近「共学です。」

岡田「あらら。」

尾上松也「もう綺麗な子ばっかりですから。」

三宅右近「芸能科なんで。
学校に1人いればいいという美人の女の子が集まってきているんで」

CEIE「わぁ。」

尾上松也「みんなエース級なんですよ。」

CEIE「ちなみに同級生って誰がいますか。」

尾上松也「僕らの1つ上に水川あさみさん・平山あやさん、2つ上に深田恭子さんとか加藤あいさんとか。」

岡田「そうそうたるメンバーが。」

堀越高校の芸能コースは1年から3年までホームルームが合同で、教室は誰もがうらやむ美女ばかりだったという。


岡田「そしたら学校へ行くのが楽しかったんですか?」

尾上松也「楽しかったですよ~。
今出かけるときなんて髪の毛セットしたりとか朝シャンしたりとかはそんなにないんですけど。
学校行っているときは特に入学した1年は毎日朝、学校が始まる2時間前に起きて(髪の毛をセットするしぐさをしながら)、ずっとキメてました。」

岡田「ははは。それはないわ。」

三宅右近「松也は特別です。」

尾上松也「毛先を整えて…。
で、学校行ったら先生に『お前ワックスつけただろう。落として来い!』って言われて。そこで戦いですよ。
『つけてないっす!』って。」

(笑い)

尾上松也「この戦いを毎日繰り返して。」

高校時代自分を磨き続ける毎日だったというイケメンプリンス。

実は同級生の豪華女優陣との間にほろ苦い思い出が!?

三宅右近「特別な人が集まり過ぎちゃってて。もう、クラスは夢の国なんですよ」

尾上松也「僕らっていうのは意外と女子に慣れていなかったんですよ。
男の子のほうが遅いじゃないですか。女子の方はませている。

だから高校入った時に、しかも芸能の仕事をしている人が多いから、男性にも大人にも慣れているんですよ。

から自分が飲んだものを『ちょっとちょうだい。』と口つけられたりとか、『おはよう!』って触られただけで『俺のこと好きなんじゃないか?』って勘違いしちゃう。」

岡田「勘違いの毎日。」

尾上松也「それを(男の)同級生に大人になって話をしたら、みんな勘違いしていました。」

岡田「ははは。男子は。」

尾上松也「女の子は全然そんなことを思ってないんですけど。」

今をときめくモテ男たちも過去は純真な高校生だった。

では。未来はどうなのか?

尾上松也の結婚相手を見通す。

岡田「どうですかちえちゃん。未来が見えるなら。」

一体どんな未来が見えるのか?

CEIE「なんか見てるとお子さんを溺愛している感じがするんですよね。
だからイクメンみたいになりそうですね。
いいパパになりそう。」

尾上松也「なるほどね。
でもね、子供大好きなんで。
子供ができたら可愛がると思いますよ。」

岡田「なるほど。」

CEIE「意外と遠くない未来の感じがするんで。」

尾上松也「オヨヨ。」

岡田「出ましたよ。まさかまさかのオヨヨ。」

アジア尾上松也「僕も29ですから。そろそろ欲しいと言えば欲しいですよやっぱり。」

岡田「まず、結婚ですよ。」

尾上松也「そうですね。」

CEIE「32歳!」

岡田「32?」

CEIE「今32っていう数字が浮かんだから、どっちだこれ。
32歳で第1子?」

尾上松也「うわあ!マジですか?
32歳のときに何かが起こるということですか?」

岡田「そういうことや。」

尾上松也「ちなみに子供は何人か見えます?」

CEIE「2人。」

尾上松也「2人。最高ですね。男と女?」

CEIE「そうです。」

尾上松也「最高だな。」

CEIE「それかもう1人ぐらい男の子が。でも2人だと思いますね。
とにかく溺愛している感じがするんですね。」

尾上松也「息子や娘を溺愛しているのか。
それとも溺愛している自分が好きなのか。
どっち?」


CEIE「その可能性もある。」

(笑い)

その5へ続く。

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

歌舞伎界のプリンス尾上松也をオーラ鑑定! 年上の女性が好き その3

2014年6月24日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

今回のターゲットは歌舞伎界の若きプリンス尾上松也


CEIE「松屋さん年上の女性合いそうですね。」

岡田「あら。意外。」

尾上松也5



尾上松也「(固まる)うなずく。」

(笑い)

(※先日週刊文春に松任谷正隆さんの姪の40歳の女性とタクシー車内でのキス写真を撮られました。 )


尾上松也「年上の方が比較的好きです。
男の人もそうなんですけど、女の人も年下よりも年上の方が話しやすい。」


CEIE「年下だったらすごい精神年齢が高い人が合いそう。
大人の中に囲まれてきた人とか。」

岡田「え~。」

尾上松也「(うなずく。)」

CEIE「そんな感じで見えてきますね。」


スピリチュアル否定派の松也が思わず唖然。

さらに…。

CEIE「なんかサプライズする自分が好きそう。」

尾上松也「そうなんですよ。」

CEIE「エンターテイナーみたいな。」

尾上松也「すごい!素晴らしい!
みんなを思ってのためじゃない。自分の(満足の)ためですから!」

岡田「あらら。」

三宅右近「今もモテたいんですから。彼は。」

尾上松也「モテたくない人なんていますか。
そんな人いるんですか。」

岡田「すいません。三宅さん、突破口をありがとうございました。」

三宅右近「今の方がなおさらモテたい。」

岡田「ちなみにあります?エピソード。」

尾上松也「ロマンチックエピソードですか。」

岡田「どういうサプライズをしたとか。」

ロマンチックとはほど遠いプリンスのサプライズ。

その全貌が明かされる。

尾上松也「サプライズは好きです。女の子に限らず、友達グループで。

友達の彼女がサプライズの主催をして。その友達を誕生日に喜ばせてあげようって。

その人が帰ってくるかどうかの連絡を彼女がとっていて。

『大丈夫か、まだ帰ってこないか。』『大丈夫、大丈夫。』っていっていて。
準備をしていたら『カチャ。』と音がして帰ってきちゃって。
で、サプライズが台無しになっちゃったんですよ。

僕もう、その子にさんざん説教して泣かせちゃいました。」


岡田「最低やな!」

尾上松也「本気で怒っちゃって。
『だから言っただろー!』って。」

三宅右近「隣にいて引くほど怒っていましたから。
友達の彼女に。」

岡田「サプライズやっている自分が好きやから。」

尾上松也「(うなづく。)」

岡田「でも結構我々の思っているイメージとは違うのがボロボロと出てきました。」

CEIE「なんか本当に読めない感じの人だなって思いました。」

尾上松也「それはミステリアスだっていうことですか?」

岡田「かっこいいな~。」

CEIE「明かるいけど奧は…。」


岡田「見てるよ。
『ステリアスな俺を見てくれ。』みたいな。」

(笑い)

CEIE「なにいっても超ポジティブにとらえるから。」

家と人前では性格が180度違うミステリアスな男、尾上松也。

一体何が彼をそうさせたのか。ひも解いてみると。

その4へ続く。

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー