Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)が杉本彩夫婦を霊視鑑定!:おしかけスピリチュアル

2013年9月17日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)が杉本彩夫婦を霊視鑑定!





エロスの嬢王とも称される杉本彩。
私生活でも本当に官能的な夜を過ごしているのか。

杉本彩に内緒で別室でモニタリングするのは夫の松山禎秀さん。

杉本彩を思い続けること13年。そしてその思いが実り2011年入籍。
夫禎秀さんの立会いのもと、杉本彩の真実に迫る。


【スピリチュアルタイム】


CHIE「わかりやすくいつもどうり色で表現すると赤紫色のオーラを持った方なんですよ。」

♪-----------------------------------------------------♪
赤紫色のオーラ

苦労人や慈愛にあふれるタイプ
【芸能人】LiLiCo
♪-----------------------------------------------------♪

CHIE「結構イメージだといっぱいいろんな男性がいてもてあそんでいるイメージなんですけど、でも全然違うくて常に自分が虚無感ていうか愛されていないんじゃないかとかすごい求めて今まで生きてきた人なんだなって感じるんです。」

杉本彩「そうそう。常に愛情に飢えている。
常に渇きを持ってて。だからが故にすごい表現がヘビーになってしまったりとか。だから虚無感という表現、すごくわかる。」

岡田「我々、そんな風に思っていない。いろんな男性に言い寄られ。」

杉本彩「そんな薄っぺらな愛は求めてないから、たくさんの男の人が言い寄ってきたとしてもそれは愛ではない。」

CHIE「そう。愛の質が違う。」

杉本彩「魂と魂の繫がりとかそういう深いレベルのつながりじゃないと決して自分が満たされることはない。だからずっと虚無感を抱きながら生きてきたのかもしれない。」

別室の松山禎秀「意外とすごいさみしがり屋かもしれない。」

続いてCHIEは杉本夫婦の本当の姿に迫る!

CHIE「イメージだと恐妻みたいなとにかく怖いイメージだけど、でも旦那さんも彩さんを正そうとして全力でいろいろ教えてくれている教えてくれる人だと思うんですよ。」


杉本彩「すごいね。そうなんですよ。
私だけが一方的に夫をコントロールしてきょうせいしているわけではなくて、夫ももメチャクチャ辛辣なことを私に言ってくるの。」

松山禎秀「当たってるわ!CHIEさんすごい。」

杉本彩「あまりに当たっていてカチンとくることがある。」

岡田「それでカチンとくるのは筋違いでしょ。」

CHIE「だから怒っちゃうところを何度も何度もしつこく粘り強く『その考え方は違うよ。』よって正してくれる部分もある。
だからにこにこしているけどすごい強いかただし、しっかりした旦那さんだって思います。」

松山禎秀「貯金も俺が全部してる」


意外にも杉本彩が旦那に支えられていることを言い当てたちえ。しかし。

岡田「聞いたら、ペットを大事にしていると。」

杉本彩「うちは猫が10匹と犬が3匹。全部保護猫、保護犬なんですけど。」

岡田「ということは夫婦生活において旦那さんよりペットを大事にするという部分はないですか?」

杉本彩「それはしょうがないじゃないですか。」

岡田「ええっ?」

杉本彩「夫はほっといてもご飯を食べられますし、風呂も入れますし。
いろんなことできるけど。犬や猫たちはすべて私がやってあげないと成立しないっていうところがあるので。
夫はね、コミカルに『番犬』て言っているんですけど、まさに本当にそうなんですよ。」

岡田「あららら。」

杉本彩はどんな夜を過ごしているのか?

CHIE「旦那さんはすごい愛情強い方だなというのはわかる感じ。」

杉本彩「ははは。そうですね。」

岡田「ではイラストに描いてもらいましょう。」
CHIE「一番だめですよ。」

岡田「これは聞きたいな~。」

杉本彩「でもね、夫はね、こんなことを言うと怒られそうだけどそういうことが非常に強い人ではないんですよ。ただ、精神的探究心が旺盛なの。」

松山禎秀「何を言うてはるの。」

杉本彩「とにかく私を探求したいという気持ちがすごくあったんだと思うの。どうしたら私が私じゃない私になるのか。快楽も求めますけど、快楽のその先にあるものを求めているの。」

岡田「快楽の向こう側に何があるのか。」

杉本彩「やっぱり魂の歓喜なんですよ。」
岡田「魂の歓喜。」

CHIE「すごい。」

杉本彩「だから魂が歓喜したら本当に涙が出てくる。感動して。」


さすがに耐えられなくなった夫は妻の元へ。


岡田「実はですね、さっきからずっとこの様子を見ていたんですよ。別室で。」

杉本彩「えっ、そうなの。」


岡田「(松山禎秀さんに向かって)でもなんか言ってましたよ。探求心があるって。」

松山禎秀「探求心はあります。」

杉本彩「でも精力は極弱ですよ。」


(笑い)

松山禎秀「公共の電波を使ってそんなことをいわれたら。」

岡田「でもそれを何かで補っているんですね。」

杉本彩「精神で補ってる。」

松山禎秀「あとはファンタジーの世界を。」

岡田「あら。ちなみにどんな感じ。」

松山禎秀「ホテルに一緒にいるとします。ホテルの部屋で普通に指圧のマッサージを呼ぶじゃないですか。
普通に指圧しているだけなんですけどそれがちょっと興奮してくるんです。今俺の彩を触ってる。」

(笑い)
スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

⇒comment

Secret

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。