Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西尾市の「妙善寺(かぼちゃ寺)のかぼちゃ茶、かぼちゃしるこ:おしかけスピリチュアル

2013年11月5日に放送された「おしかけスピリチュアル」。


『開運CHIE袋』

今回は運気も上がって健康になれる秋の味覚を紹介。


その3

『病知らずになれる!?一年に一日しかいただけないカボチャ』


愛知県西尾市にある妙善寺は通称かぼちゃ寺と呼ばれており、境内はいってみるといたるところにはカボチャのオブジェがあり、奉納品もかぼちゃ。


妙善寺(かぼちゃ寺)1
【妙善寺(かぼちゃ寺)】


妙善寺(かぼちゃ寺)2
【妙善寺(かぼちゃ寺)】


妙善寺(かぼちゃ寺)3
【妙善寺(かぼちゃ寺)】


しかもこのお寺の名物はかぼちゃ茶。

毎日無料で振舞われているという。


参拝客「かぼちゃだけどほうじ茶みたい。これを飲むと10年寿命が延びると聞きますね。」


♪-----------------------------------------------------♪
かぼちゃ茶
炒ったかぼちゃの種と薬を煎じてあり、痛風や生活習慣病に効果があるといわれている。
♪-----------------------------------------------------♪


しかしこのお寺、なぜここまで『かぼちゃ』づくしなのか。

実はおよそ450年前住職に観音様からお告げがあり、浜に出るとたくさんの丸いものが。

それを村の人々に振舞ってみるとみなイキイキとしたという。

その丸い物こそかぼちゃだったのです。

以来このお寺ではかぼちゃに健康の後利益があると大評判。

奉納されたかぼちゃの数がそれを物語っています。


さらにこのお寺には冬至の12月22日のみ奉納されたかぼちゃを使った「かぼちゃしるこ」無料でふるまわれる。
これを食べると次の年を病知らずで過ごせるという。


「かぼちゃしるこ」は冬至の日しか食べられないが、スタッフのお願いで作ってもらうことに。


妙善寺(かぼちゃ寺)4
【かぼちゃしるこ】


小豆も入っているがその作り方は秘伝とのことです。



お寺名:妙善寺
住所:愛知県西尾市東幡豆町森66
東幡豆駅から徒歩3分


関連記事
スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

⇒comment

Secret

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。