Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHIE(ちえ)が哀川翔を霊視鑑定! パート2 おしかけスピリチュアル

2013年11月19日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)が哀川翔を霊視鑑定!

パート2です。




型破りなオーラを絵で表すことに。

CHIE「オーラがダダ漏れなんですよ。」

哀川翔「それってさ、漏れていいの?」

実はオーラがダダ漏れだと生活にある支障が出るとちえが言う。

CHIE「1日やり尽すだけやり尽すから。すぐバタッてやりきったって寝るんじゃないですか?」
哀川翔「うん。やりきって寝る。ひどい時は2日寝てる。」

CHIE「色も銀色のオーラもっている人って自分の世界というものをしっかりと持っている人に多いんですよ。」


哀川翔のオーラ


♪-----------------------------------------------------♪
銀色のオーラ
精神性が高く自分の生き方を貫くタイプに現れるという
【芸能人】片岡鶴太郎 オードリー春日
♪-----------------------------------------------------♪

岡田「確かに特殊といえば…昆虫。」

哀川翔「特殊じゃないよ。10年言い続けたら、みんな急に注目しだして」

岡田「カブトムシ」

哀川翔「全然無視(ムシ)だったの。」

岡田「カブトムシだけに?」

哀川翔「何言ってんだよ!うるさい。なんかスイッチはいりそうな感じ。」

岡田「いやいや。急に机ひっくり返さないで下さいよ。」

哀川翔「全然そんなスイッチおれにはないから。」


CHIE「でも、カブトムシとかは全部お父様からの影響ですよね?」

岡田「どうですか、そのあたり。」

哀川翔「いや、だからカブトムシにしても釣りにしても全部うちの親父が持ってきている。」

CHIE「そう、そっくり。」

哀川翔「うちの親父は昆虫採集は得意じゃなかった。
(触れないから)つのに糸を付けて~。
俺はもうべったりはまっちゃって」



CHIE「お寺さんの家系なんですか?」

哀川翔「あ~すごいね。うちの先祖がお寺を持ってました。」


CHIE「なんか寄付とかしませんでした?」

哀川翔「寄付もしてますけど。」


岡田「守護霊的なものはどう?」

CHIE「ハンパないですよ。ぱっと見て浮かんできますからね。」

絵に書きます。


哀川翔の守護霊



CHIE「私の見えたのは5人くらいの守っている人。」

哀川翔「そんなにいるの。(左側の)髪の毛の人は」

CHIE「(左側の人は)おばあちゃん。すごい強いのがおばあちゃんなんですよね。
何かものすごく強い人だなと思って。」

哀川翔「だって俺が高校生の時、俺はある程度腕相撲は強いのに、高校生の時にばーちゃんに負けてたからね。ばーちゃん67歳で俺より強いんだよ。そういうばーちゃんだった。」

CHIE「『男はこういうもんだよ』と教えてくれた。」

哀川翔「すごかったよ。『男はニカって笑うもんじゃない。半分笑え!』っていわれた。」

岡田「半分笑え?」

哀川翔「半分てどうやってって…分かる?」

(話は続いているようです。)


ちえはそんなおばあちゃんからメッセージを受け取ったという。

CHIE「このおばあちゃんが『何があっても生きなきゃダメ』ってことをすごい言うんですよ」

哀川翔「『生きろ』って。」

CHIE「強いメッセージですね。初めてですよね。こんなメッセージ。」

哀川翔「でもね、俺はすごくうれしいね。
俺も『夢は何ですか?』って聞かれた時に『長生き』って行ってる。
生きていればいいことがある。」


【スピリチュアルタイム終了】


感想を聞くと

哀川翔「やっぱり『生きるんだ』って最大のメッセージもらったよね。
これから先生きていくうえですごくいい勇気をもらいましたね。
自分にとっては最高の出会いだと思いました。感謝します本当に。」

スタップ「お世辞で言ってます?」

哀川翔「ほんとに。すごくよかった。」
関連記事
スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

⇒comment

Secret

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。