Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森県のキリストの墓:おしかけスピリチュアル

2014年2月25日に放送された「おしかけスピリチュアル」。


青森は、CHIEが今一番運気が上がると注目しているパワースポット。

青森には恐山、高山稲荷神社、十二本ヤス、仏が浦などミステリースポットが数多くあります。


今夜は東北最大級のパワースポットを紹介!

さらにキリストの墓の謎に迫ります。


『青森にキリストの墓が存在した?』


事の発端は昭和6年に発見されたある古文書。

そこにはゴルゴタの丘で処刑されたのはキリストではなくキリストの弟で実は身代わり。

生き延びたキリストは青森に渡って一生を終えたというのです。


ちえはキリストの墓へ車で向かいます。


CHIE「キリストの骨がまずあるかどうかですよね。
もしかしたらキリストが眠っていてそれが見えるかもしれないなと思って。」


そして新郷村役場へ。

その墓は新郷村にあり、墓までは新郷村役場の職員が案内してくれます。

その墓は昭和10年村はずれの山で発見されたという。

墓は村を一望できる場所にひっそりとたたずんでいたが、なぜここにいつごろ作られたのかなど全ては謎だった。

職員さんによると、掘り起こしての調査はしていないが、棒を刺して調査すると何かに当たったので何かが埋まっていることは分かっているとのこと。


CEIE「人骨などが埋まっている感じはしないんですよ。
それ以外の金とか書物とかそういうものも埋まってなくて、本当に普通の塚だなっていう感じがしますね。」


しかしなぜキリストの墓と呼ばれるようになったのか。


CEIE「なんか見えた映像としてはモノづくりをしている感じの人達がみえてきて。
キリストが亡くなったころよりは歴史が浅い人たちが見えてきた感じ。」


実際に見えた情景を絵に描きます。

CEIE「こういう人たちがいっぱい集まって。

白い着物の上に厚手の羽織を着て。

どっちかっていったら子供がいそうな20代、30代の人たちが集まっている感じ。そんなにおじいちゃんとこばあちゃんという感じではない。

焼き物ができた土地なのかな?焼き物を焼いている映像がすごい見えてくるんですよね。
薄い感じのやつを焼いている。人によってはこういう笠をかぶっている人もいて。」


キリストの墓2



役場の職員「似てますね。さっき書いたのがあれに似ていると思って。」


そういって職員が指さしたのはキリストに関する資料を集めた、今は休館中のキリストの里 伝承館。


キリストの墓3
【キリストの里 伝承館】


そこにあった看板をみて…。


キリストの墓4
【キリストの里 伝承館にある看板】


CEIE「あ!そう、こんな感じ。」

これはこの地域で実際に住んだいた人の昔の服装。


さらに役場の人は見せたいものがあると資料館を特別に開けて中へ案内してくれた。


役場の職員「この土器がこの辺から出た。」


CEIE「結構いっぱい見つかっていますね。」


ちえの言う薄い焼き物とはこのことなのか?


実際にキリストの墓の周辺から出土した土器。

CEIE「おせんべいみたいな感じかと思ったら土器なのかな?」


この墓には何も埋まっていないというCHIE。


CEIE「何も埋まっていなかったからといっても、昔この周辺に住んでいた人にとってはとても神聖で大切にしていた場所なんだな~と思って。
多分クリスチャンの人がいらっしゃて、ご先祖様たちがクリスチャンで、近くにっていうんでたぶん作った墓なんだと思うんですよ。」


するとそんなちえの言葉に。

職員「私たちが生まれた時に健康に育つようにと額に十字を書いた。
で、なんで書いているのかだれもわからなかったが、十字を書いていた。」


実はこの新郷村には数多くの不思議な風習がのこっているという。

例えば十字架を子供の額に書くおまじない。
人が亡くなるとその家では3年間十字架に灯篭を掲げるなど。

CEIE「実際にここがキリストの墓ではないけど、大切にされてきた場所だし、形は違うけど神社みたいなもんですよね。
信仰の対象というか、それくらい大切にされてきた場所なんだろうなっていう感じがしましたね」


キリストの墓

ここは今も昔も変わらず人々の心の拠りどころであり続けている。


キリストの墓1
【キリストの墓】


♪-------------------------♪
キリストの墓
青森県三戸郡新郷村大字戸来字野月33-1
八戸駅から車で約40分
♪-------------------------♪

関連記事
スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

⇒comment

Secret

こんにちは。私もテレビ見てました。でも、あれってかなりやらせっぽいですね。土器よく見るとわかると思うんですが、あの辺ってすごく縄文土器が出る地域なんです。色合いといい、柄といい、あれは縄文土器です。それにいかにも江戸時代あたりの着物っていうのは時代が違いすぎました。すごく違和感。それにあの女の人神聖な神社ではしゃぎすぎます。蕪島は女の神様の・・・って言っていましたが、そもそも、神社の周りに水っていうのは弁財天なんです。詳しくなくてもわかる。ちょっと霊感はあるのかもしれませんが、よく調べたなって感じです。デカプリオの回も、デカプリオのおばあちゃんって日本のニュースでも放送されたことがあって長命だったと聞いています。にしても、あの縄文土器と近代の着物を結びつけちゃったのには驚きましたw。すごいインチキ。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

わたしは土器のこととかそんなに深く考えて見てなかったです。

青森にキリストの墓があるということで驚きましたが、骨が埋められているわけではなかったですね。

服の歴史に詳しくないだけだと思いますよ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。