Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHIE(ちえ)が及川光博をオーラ鑑定!:おしかけスピリチュアル

2014年4月15日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

岡田圭右とCHIEがファッションショー 東京ランウェイの舞台裏に潜入、今回のターゲットである及川光博と接触します。





ここでは場所がないためホテルへ移動。

及川光博は半沢直樹や相棒など大人気ドラマに数々出演。

しかし、バラエティ番組の出演はほとんどなく、しかもそのプライベートはいっさい明かされておらずミステリアスなまま。


岡田「さっそく本題のほうにいきましょう。
及川さんのオーラはどんな色なのか。」

及川光博「ドキドキする。」


ちえが色を書いている間、カメラに向かってミッキースマイルをします。


岡田「本当にこれが素なのか。」

CHIE「(色を書きながら)それは全然違いますね。」

及川光博「いやいや。(ちょっと動揺している様子)。営業は妨害しないでね。」

(笑い)

岡田「さあ、及川さんの真の姿は、オーラの色はこちらです。」


及川光博のオーラ
【及川光博のオーラ】


CHIE「シルバーなんですね。一言でいうと努力の天才の人なんですよね。
だからすごく神経を使う人なんだろうなっていう。」

及川光博「確かにね。」

CHIE「『考えて考えてから行動する』みたいな感じで。」

及川光博「そうですね。よく考える人だと自己分析しますね。
考えてからじゃないと動かない。
頭の中でシュミレーションしたあとで、効率よく動くことが好きですね。
負け戦が嫌い。」

岡田「無駄なことが。」

及川光博「うん。」

岡田「最初からそういう。」

及川光博「そうです。デビュー前、ライブハウスで歌っていた頃からミッチーというキャラクターと及川光博という個人は違う。
僕が彼をプロデュースしているという感覚ですね。」

岡田・CHIE「ええ~っ。」


世間がミッチーに対して抱くミステリアスなイメージは本人のたゆまぬ努力と計算のもとに成り立っていたのです。


CHIE「でも不思議に思ったのが、(私生活で)そんな華やかなイメージを受けないんですよね。」

及川光博「本当に。まさにそうですよ。」

CHIE「必要最低限というか。物欲がないですよね。」

及川光博「そうなんですよ。」

岡田「えっ?」

及川光博「例えば豪邸立てたいとか、ないんですよ。」

岡田「イメージでいうと、当然家は白亜の豪邸じゃないですけど。」

及川光博「みなさん、そういうんですけど。お風呂場はライオンの口から水が出てとか。」

(笑い)

及川光博「僕はどちらかというとシンプル。」

岡田「普通。」

CHIE「はい。」

岡田「あらま、ショック。」

及川光博「確かに家にランニングマシーンはありますけど、大体上着かけになっています。」

(笑い)

岡田「ははは。そうですね。(服をかけるのに)いい感じの。」

及川光博「ちょうどいい。」


さらに。

CHIE「なんか、神経使うから眠りが浅い感じがするんですよね。」

及川光博「(うなづく。)」

CHIE「なんか、ふと起きちゃったりとか。
大きいライブの前はその夢ばかり見ちゃったりとか。」

及川光博「鳥肌が立つな~、それ。
あのね、寝ている間に曲とか歌詞を考えるんですよ。浅いんですよ、眠りが。」


なんとちえのいうとおり普段から眠りが浅いミッチー。


CHIE「それは自己評価が低いことが原因で、常にストイックにやっているけど、それがやってて一番楽しいっていうか。」

及川光博「そう。だからアイドル育成ゲームじゃないけど、自分の生み出したキャラクターをバージョンアップ、クオリティーアップさせていくっていうのが、ゲーム感覚かもしれないですね。」

岡田「は~ぁ。」

及川光博「大河ドラマに出たぞ、とか相棒になったぞ、とか。
なんかそういう局面がだんだん変わっていく。
で、レベルというか。」

岡田「次のステージ、次のステージ、いろんなステージ。」

及川光博「はい。」

CHIE「肉親の守護霊、おばあちゃんとかいらっしゃるんですけど。
でも、それ以外に舞台の人がいるんですよね。
外国の方で。守護霊っていうか前世につながるのかもしれない。
(前世)が、もうそういう舞台に立つような人だから、その血を受け継いでいるっていうか流れている。
で、その人が自分に対して厳しいし、物事に対しても厳しい。
で、常に完璧主義者だから、ここまで頑張っているのに『もっとだ、もっとだ』って。
それがストイック精神になっているっていう。」

及川光博「(うなづく。)」

CHIE「このために生まれてきたような宿命…。」

及川光博「ありがたいですね。」


ちえによると及川光博は人を楽しませるという宿命を背負っていて、守護霊はそんな及川をサポートしているという。


CHIE「でも、その守護霊の人が言うには行動を移すまでに考えちゃったり、時間をかけている部分があるから、それをもっと短くしていい。
で、あと直感で何でもチャレンジしてっていい、みたいなすごく前向きな感じで言葉をいっているんで。」

及川光博「何でもチャレンジっていうのはグルメリポーターとかも。」

(笑い)

CHIE「違う。(手を横に振る)」


岡田「及川さん、どうですか。ちえちゃんからいろいろ話ありましたが。」

及川光博「心強いアドバイスが多かったので、すごく気分がいいです。
ぐっすり眠れそうです。」

岡田「普段ね、浅い眠りやからな。」


及川光博「この番組に出てよかったな、と。楽しかったです。

(カメラに向かって)ありがとう。チャオ~。(ピースサイン)」

スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

⇒comment

Secret

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。