Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大江戸捜査網2015」高橋克典のオーラ鑑定!おしかけスピリチュアル

2015年1月1日に放送されたおしかけスピリチュアル。『大江戸捜査網SP』

今回は1月2日に放送された『大江戸捜査網2015』の撮影現場へおしかけます!


スピリチュアルターゲットは今回主演の十文字小弥太を演じる高橋克典と隠密同心の一人、不知火お吉を演じる夏菜





岡田「さあそれでは高橋さんいきましょう。」

高橋克典「俺向こうにいるわ。(席を立って移動してしまいます。)」

夏菜「ちょっとなんでですか!」

高橋克典「俺、ここにいるよ。」

CEIE「高橋さん、気になってました。」

高橋克典「(戻ってきます。)気になってた?いいよ、いいよ。」

岡田「“いいよ、いいよ”じゃないですよ。」

岡田「どうですか?夏菜ちゃんが終わって、スピリチュアルの感想は。」

高橋克典「まあまあかな。」

(笑い)

岡田「高橋さん、いきます。」

果たしてCHIEのスピリチュアルは高橋克典に通用するのか?
すると…。

CEIE「あぁ~。ハハハ。」

高橋克典のオーラを見て笑い出したCHIE。
いったい何が見えたというのか?

高橋克典「そんなに残念な感じ?」

岡田「どうなの?CHIEちゃん。」

(CEIEが絵にオーラを書いています。)

夏葉「今までに一番変なオーラって何色?」

CEIE「黒とかって本当に悪い色だったりするんで。」

高橋克典「高知東生とか?」

岡田「実名でそういうのはやめなさい。
高知さん大丈夫ですから。
過去、黒い人はいなかったですか?」

CEIE「大久保さんの下半身が黒かった。」

(笑い)

CEIE「なんか邪悪なものを感じて。」

(笑い)

ここで夏菜が高橋克典の素顔を大暴露。

夏葉「克典さんもすごいそのままなんで。
番組とかやってもユニークで変わらない。」

高橋克典「そうだね。
でもいつもバラエティに出ると家帰って落ち込むんですよ。
ああ今日も上手く言えなかったなぁ。」

夏葉「芸人さんの悩みみたいな…。」

岡田「芸人の悩みですよ。
俳優さんですから大丈夫です。
今日はここまでどうですか」

高橋克典「いやぁ、ちょっとご迷惑をおかけしている。」

(笑い)

おちゃめな高橋克典。
しかしその素顔はまったくの別人だった。

岡田「高橋さんのオーラというのがCHIEちゃん見えました。こうです!」

おしかけスピリチュアル 高橋克典
【高橋克典のオーラ】


夏葉「真ん中に何かありますけど…。
さわやかじゃないですよ。」

高橋克典「絶対良くねぇよ!」

(笑い)

一体このオーラは何を意味するのか。

CEIE「ちょっとバーッて食べたりしたのがたたって。
胃から食道にかけて。」

高橋克典「昨日おとといと食べ過ぎた。」

なんとオーラから食べ過ぎで胃がもたれている状態を言い当てたCHIE。

ではこのまがまがしいオーラは高橋克典の何を表しているのか。

CEIE「青が考える色で、すごく冷静な人だなっていう感じがしたんですよ。
だからおかしくしているけど、元々はおとなしい人なんじゃないかなって。」

高橋克典「ウソ~!」

岡田「やばい!出ました!これはBHTです。ビジネスハイテンション。」

(笑い)

CEIE「すごい寡黙ですね。オーラを見ると。」

高橋克典「も~ややわぁ。」

岡田「急に関西弁。ややわぁ。」

夏葉「人のことだとめっちゃおもしろいですね。」

(笑い)

「大江戸捜査網」でも遊び人を演じ、明るく熱い男気溢れる役が多い高橋克典。

高橋克典「サラリーマン金太郎っていうドラマをやらせてもらって、その時は元気な役だったんで。」

岡田「ドラマの役柄のイメージでみんな見ちゃうからね。」

高橋克典「自分自身をプロデュースする感じですかね。」

CEIE「あとは緑はこだわりとかをすごく持っている人のオーラなんで。
結構好きになったりとか気になったのこういう感じの人なんだろうなって…。
ものすごく考えたりとか、そういうイメージですね。」

高橋克典「ちょっと待って。俺50だからね。
考えていない50歳いないでしょ。」

岡田「そういうことで言ってるのと違いますよ。」

CEIE「でもなんでも考え込む人。」

高橋克典「そうなんです。」

(笑い)

そのオーラから何にでもこだわるタイプだと見抜かれた高橋克典。

更に高橋から愛用の時計を借りたCHIEは不思議な能力の一つドロップインを使ってパパとしての姿を丸裸にする。

(CEIEが高橋克典の時計をじっと見つめています。)

夏葉「触らないんですね。」

高橋克典「触りたくないんじゃないの?」

CEIE「そんなことないですよ。
なんでこんなに怒ってるんですか。」

岡田「ちょっとイライラ、抑えて。」

よほど覗かれてはまずいことがあるのか?

岡田「どうですか?家の中の克典さんは。」

CEIE「子供の目線で見ていったんですよ。
そしたらそしたらパパでもあるんですけど、役者さんみたいな認識の方が強い。(子供が)二つの顔がある感じで見てる。」

高橋克典「確かに。パパには“パパ”っていうんだけどテレビに出てたら『克典さん』っていうの。
ちょっと違う人だと思って見てるみたいね。」

岡田「へえ~。 そういうのもCHIEちゃん感じたかもわからんね。
普通だったら『パパ出てるパパ出てる』とかなるのに…。テレビに出てると
パパじゃない。」

夏葉「何か違うんでしょうね。」

パパとしての意外な姿をも見抜かれた高橋克典。
実は今回どうしてもちえに聞きたいことがあるという。

高橋克典「大江戸捜査網の視聴率ですね。」

岡田「ちょっとやめなさい、現実的な生々しい話。」

高橋克典「いや、すごい良い現場だったんですよ。
『金さん』とか歴代の…他局ですけど。
そうそうたる時代劇の…。撮ってきたスタッフ。
そういう新しいものと古いものとのぶつかり合いでどうなっていくか。」

CEIE「新しい代表作じゃないですけど、時代劇がすごい出てくる。
(高橋克典の代表作となる作品が時代劇で出てくる)」

高橋克典「本当ですか?うれしいな。」

岡田「今回どうでしたすか?高橋さん。」

高橋克典「実はおとなしいやつだって言われたのは正直びっくりしました。
なんだか役のイメージとかでずっとこのままね一生このまま理解されないままいくんだなと思っていたら、今日言われたんでびっくりしたし、ちょっとうれしかった。」

CEIE「ホントですか。よかった。」

岡田「そしたらちょっとお年玉いただけますか?そうですね。
ありがとうございます。」

(視聴者お年玉プレゼントは1月2日で終わりました。)
関連記事
スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

⇒comment

Secret

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。