Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)が中尾明慶を霊視鑑定!「おしかけスピリチュアル」後半

2013年6月11日に放送された「おしかけスピリチュアル」。

スピリチュアル女子大生CHIE(ちえ)が中尾明慶を霊視鑑定しました。




前半からの続きです。


岡田「どうでしょう。中尾君のお宅にお邪魔するドロップインを。」
CHIE「はい。」

CHIE「中尾さんの趣味なのかわからないけど、感じとして伝わってくるのが濃い原色とかがいっぱい伝わってくるんですよね。」

中尾明慶「うち、めっちゃカラフルです。
それは奥さんの趣味もあるんですけど。」

岡田「それをブログとかには一切出してないですよね。」
中尾明慶「はい。」

岡田「実際に見えたものとかは?」
CHIE「大体棚とかは白の感じがするんですよ。」
中尾明慶「おぉ。」

CHIE「で、なんだろう。黒の音楽がすごい聞こえてくるんですよ。
なんていったらいいのかDJブースみたいな。」
中尾明慶「すごいな。棚系は全部白だし。冴えてるよ~。」

(笑い。)

CHIE「ありがとうございます。」

岡田「中尾君て、こう見えて結構鍛えてるんだよね。」
中尾明慶「はい。」

岡田「いかがですか?ちえちゃん。タッチ!タッチゴー。」
CHIE「そんな技ないですよ。
腕だけいいですか?」

岡田「何だ、さわるのかい。」


~中尾明慶の腕や胸をタッチしてよろこんでいるちえだったのでした~


CHIE「なんか伝わってくるのだとすごいおばあちゃん子だったんじゃないですか?
おばあちゃんて言うイメージがすごい伝わってくるんですけど。」

中尾明慶「おばあちゃん、遠くに住んでいたんですけど、そのおばあちゃんしかいなかったので。おじいちゃんも、もう1人のおばあちゃんも小さい頃亡くなっていて。そのおばあちゃんとは仲良くやってましたね。」

CHIE「『温かい家族を大切にして』ってみたいなメッセージが伝わってきます。」

中尾明慶「一昨年に亡くなって。亡くなる3日から5日ぐらい前に、急に『会いに行かなきゃ』って思ったんですよ。入院していたんですけど。
舞台があったんですけど唯一の休みに会いに行って、その3日後ぐらいに亡くなった。」

CHIE「『他の職業は逆に出来なかったと思う。役者さんが合ってる』って。」

中尾明慶「ぼく高校3年生ぐらいの時にもういやだなって思った時期があったんですよ。
『お前テレビに出ているやつじゃん』て街で言われて、何か普通に生活したいなと思った時期もあって。
もう辞めたいと思った時に、ドラマで堤真一さんと共演させていただいて、打ち上げの時に『あのシーンではお前に助けられたよ』と言われて。
辞めたいと思っていたんですけど、先輩からそうやって言われて、役者をやり続けるしかないと思って、そこからは本当に楽しくやらせてもらってます。」

岡田「堤さんのその一言がある意味中尾君のターニングポイントになったというか。」

中尾明慶「本当にそうなんですよね。逆にこれ以外できないし。
たぶん楽しくなくなったらすぐやめると思うし。でも楽しいんですよ。ゴールないから。
ずーっと走りつづけるしかないっていうのは本当にすばらしい職業につけたなって思ってますね。」


~そして中尾の身を案じるおばあちゃんからの言葉がもう1つ~


CHIE「アフリカみたいな場所に行かないほうがいいかもしれないですよ。」

中尾明慶「まじですか。なんでだろう。僕何回か行ってるんですけど。」

CHIE「アフリカとは限らないけど、大自然とかが合わない。
もしかしたら前世が先住民みたいな人だから、行っていい思い出を思い出す人もいるけど。裸で家族がいっぱいいるイメージが見えたから。
結構家に帰ると裸になってません?」

中尾明慶「家帰るとすぐ裸です。」
(笑い。)

岡田「やっぱり、先住民ですね。」

中尾明慶「裸になって鏡を見て肉体チェック!」
(笑い。)

中尾明慶「冴えてるね~。」
(笑い。)


岡田「最後に軸になる家庭、いかかですか?」

CHIE「お互いのことを思いやっていれば幸せな家庭になるし、子供も2人ぐらいはできると思うから。
温かい家庭、未来が築けるんじゃないかなって。
さっき言ったみたいに飽き性だから…浮気だけ気をつけて。」

中尾明慶「冴えてないね~。」
岡田「そこは冴えてないらしいよ。」

中尾明慶「ありがとうございました。」

スピリチュアルタイム終了!


~実は浮気を注意したのにはある理由があったのでした~

CHIE「お姉ちゃんています?」
中尾明慶「僕は兄貴がいます。」
CHIE「ですよね。」

中尾明慶「女の影がしました?」
CHIE「なんかケイコっていう名前が出てくる。」

中尾明慶「ケイコ?うちのオカンですよ。すごい。」
CHIE「そう、じゃあごめん。浮気じゃない。」

中尾明慶「冴えてるね~。」


CHIE「ほかに女性がいるのかと思って。」

中尾明慶「ケイコはうちのオカンです。」

CHIE「『大切にして』っていう(おばあちゃんからの)メッセージ。」

中尾明慶「さっきもいっしょにきていたんですけどね。」



関連記事
スポンサーサイト

【theme : スピリチュアル
【genre : 心と身体

⇒comment

Secret

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
おすすめの本
スピリチュアル女子大生CHIEの びはっぴ?のススメ





検索フォーム
おすすめ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日のオーラカラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。